東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

奥が深い壁紙の張替え

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のカーテンとインテリアリフォーム専門店「ルドファン」の砂村です。
壁紙の張替えは内装仕上げ工事といって、最後の仕上げの工程で全ての仕上がりのクオリティを左右してしまう責任重大なお仕事です。
もちろん、他の職人さんが責任がないということではなく、リフォーム工事は多くの職人さん達によって完成させる性格のお仕事です。
なので、みんなが懸命に仕事をした「最後を任せたよ!」の役目なので、クロス職人さんにはいろいろな情報や施工方法のお願いをします。
職人さんは現場に来るまでは状況が解らないので、お客様から託された現場の状況を伝え必要な措置をとらなくてはなりません。

今回はクローゼット内の棚の位置を変える内容でした。移動は大工さん、移動後の壁の傷を修復して壁紙を貼り替えるのはクロス屋さん。
棚板は壁を切り込んで設置されていたために、移動後はそこだけ壁のボードがなく大工さんに石膏ボードで埋めてもらうところまでお願いをしました。

クロス屋さんはこの道55年のプロフェッショナル。事前にただの張り替えではなく、補修部分のパテ処理で仕上がりのクオリティが決まってしまうため、凹凸を埋めるためのパテと更に平らにするための仕上げ用のパテを多めに持参するようお願いをしました。

d0099850_19381277.jpg
凹凸を埋めた後に下地の状態を確認してOK出してから、仕上げ用のパテ処理をしているところです。
仕上げを打ってから乾くまで少々アイドルタイム。
d0099850_19382556.jpg
壁紙に糊をつけています。だいぶ年季の入った機械ですが、メンテナンスしながら大切に使っている愛機。新しくしないのは重いからが理由だとか。
d0099850_19383799.jpg

d0099850_19383959.jpg
下地の状態を確認。手で触って凹凸がないかを入念にチェックします。張り出してしまえばリズミカルに進んでいきます。

下地の状態のよってシーラーが必要だったり、壁紙の種類や環境によって糊を変えたり、ジョイントの位置や柄の出し方を指示したり、現場に傷をつけたり埃を付着させないようにしっかりと養生したりしています。

素敵にリフォームするために選んでいただいた壁紙を、しっかりとしたクオリティでお渡しするために情報収集に努めています。

【関連記事】当ブログの中の「壁紙」に関する記事


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますので事前にご予約下さい。
東京都目黒区自由が丘2-2-19     電話(03)5701-6321
電車・・・東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車中央口より 徒歩10分位
バス・・・東急バス 渋谷~田園調布 , 二子玉川~目黒 , 等々力操車場~目黒 八雲3丁目下車 徒歩0分


by le-dauphin-inc | 2018-02-11 19:58 | リフォーム