東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のカーテンとインテリアリフォーム専門店「ルドファン」の砂村です。
Nanic(ナニック)の檜(ひのき)を使ったブラインドの施工例をご紹介します。


d0099850_17474078.jpg


ブラインドメーカーと言えば、TOSO、立川ブラインド、ニチベイが一般的によく知られていますが、ナニックは余りご存じ出ない方も多いと思います。
インテリアや建築関係の専門家の方から支持を受けているメーカーなので露出度が低いということもあります。ナニックは知る人ぞ知るなんて格好良いですね。

ナニックの特徴は、73色と豊富なカラーバリエーション。TOSO、立川ブラインド、ニチベイは15色程のバリエーションなので違いが明確です。
ナニックには、横型ウッドブラインド、縦型ウッドブラインド(バーチカルブラインド)、可動ルーバー建具(ウッドシャター)と木製アイテムのみの展開であるのに対し、前述のメーカーはアルミブラインド、ロースクリーンなど広範囲な品揃えの総合ブラインドメーカーなので違って当然なのです。

前置きはこのくらいにして、今回の新製品は木の材質にこだわって「檜」で作った「HINOKI series」(ヒノキシリーズ)。

d0099850_17474558.jpg

先日、縦型ブラインドを施工してきたので感想も含めてご案内します。
無垢材のスラット(羽)を使ったナニックブラインドは、縦型と横型の2種類あります。横型は1枚ものですが、縦型は何枚かに分かれています。これは、1枚ものだと負荷がかかったときに折れてしまう恐れがあるため。

d0099850_17475564.jpg
d0099850_17475906.jpg
今回取り付けたのは、ナニックヒノキバーチカルブラインド。ヒノキなので軽いのかと思いきや、結構な重量。運ぶのも結構力がいります。
メカを取り付けたのちスラットを1枚1枚吊していくのですが、ヒノキの良い匂いが部屋中に充満します。ヒーリング効果抜群。

d0099850_17475199.jpg


d0099850_18441823.jpg
どうです。この質感。香りのシャワーは取り付けた人だけが体験できる至福の瞬間です。
少しずつ飴色になっていくんだろうなとおもいつつ、無事納めて参りました。
d0099850_18440451.jpg
フラッシュを炊いてしまったので、人工的な光沢が出てしまいました。残念。
木製の製品は総じて重量があるので、落下による思わぬ事故などを引き起こさないためにも、施工実績のある専門店にご相談頂くことをお勧めします。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますので事前にご予約下さい。
電話(03)5701-6321


東京・自由が丘 カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン
目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2017-08-27 18:54 | ブラインド・ロールスクリーン