東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のカーテンとインテリアリフォーム専門店「ルドファン」の砂村です。
イスの張替えの中でも最も多いのが「ダイニングチェア」。
使用頻度が高いのでもっともなことなのですが、張り替えることで座り心地も復活するので身近なインテリアリフォームと言えると思っています。
さて、椅子のリフォームの際に悩むのが「張地=椅子張り地」の選定。ファブリック?レザー?はたまた本革という選択肢もあります。
日本製の椅子張り地は大変少なく、サンゲツとシンコールがそこそこバリエーションを持っているくらいで本気で生地を探していても見つからない場合が多いのです。
そこで、海外に目を向けると数えきれないほどの「椅子用の生地」が色々なメーカーから発売されています。
加えて、カーテンとのコーディネートができるように柄物から無地までたくさんのバリエーションを取り揃えています。
d0099850_15150906.jpg

当店では、国内&海外生地を数多く取り扱っておりますので、張替えのイメージをお伝え頂ければ、私たちの頭をフル回転させてご希望に沿うファブリックをご提案させて頂きます。


今回は、回転式の座椅子の張替えをご紹介させて頂きます。
張替え前
d0099850_15145953.jpg
張地の裂け目からウレタンが見えています。ウレタンも劣化が進んでいてポロポロと崩れてしまいます。
今回のメニューは張替え&ウレタン交換。
張替え後
d0099850_15150347.jpg
ふっくらと復活。張地はオーストリッチ風のビニールレザーからお選び頂きました。
これは、サンゲツの商品で結構リアルです。
d0099850_15150545.jpg
d0099850_15150793.jpg
張替えに要する期間は早ければ1週間程度。工場の込み具合によって期間がかかる場合もありますので、都度ご案内させて頂いています。ダイニングチェアの場合、常に使うものなので例えば4脚あれば2脚ずつという張替えもOKです。

<お役立ち情報>
せっかく張り替えたのに、汚れた時の処理で良い方法は?というリクエストにお応えして専用の汚れ落としがございます。
d0099850_15150843.jpg
張替えの際は、角度を変えたお写真をいくつかメール等で送って頂けると、ご相談やお見積等などスムーズにご案内できますのでお気軽にお問い合わせください。お引取り、お届けも致しております。



ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2017-07-29 15:30 | 椅子の張替え
こんにちは。東京自由が丘のカーテンとインテリアリフォームの専門店「ルドファン」の砂村です。
当店では「家具の設計から製作」まで承っています。カーテンの専門店カラーが強い当店ですが、家具もぜひお任せください。

ということで、3年に1回開催される「IFDA(International Furniture Design Fair Asahikawa)」の日程に合わせて社員研修を兼ねて旭川へ行ってきました。

家具の町「旭川」だけあって、市内は飛行場からホテルそして飲食店まで展示会のポスター1色。
全く無関係の人でも目につきます。徹底してます。

販売スタッフ研修の目的の一つは丸太から木材になるまでの過程をしっかり学習してもらうこと。
これを知るだけで家具に対する情熱が格段に上がります。

d0099850_19563988.jpg
奥に見えるのは丸太の山。広大な土地に10m位積み上がっています。スプリンクラーのような設備があって、常に水を掛けています。
このうち突板用として合格する丸太が1割。残りは無垢材や家具以外の材料になります。選定された丸太は皮をむき蒸し器にセットされます。水分を目一杯まで含ませます。

d0099850_20023283.jpg
セットされた丸太は巨大なカンナのような機械にセットされ、1枚ずつスライスされます。スライスされた突板は人の手によって重ねられていきます。
d0099850_20094299.jpg
こちらは、桂剥きのように木の形の沿ってスライスできる機械です。広幅の突板が取れます。但し、木の周りをスライスしているので木目はあまり出ません。

d0099850_20133051.jpg
スライスされた突板は、このように保管されます。

d0099850_20144012.jpg
充分に水分を含んだ突板は、機械で乾燥されるものと写真のように吊るされて自然乾燥されるものとに分かれます。
水分が蒸発していく過程で木の良い香りが工場内に充満しています。

d0099850_20173247.jpg
こちらでは、クライアントの注文に合わせて突板を加工するエリアです。薄ベニヤに突板を貼り付けたり、MDF基材に貼り付けたりと様々な加工をしていました。
d0099850_21250921.jpg
これも突板です。「節があると無垢板のように見えるので」というリクエストに応えて。中々の質感です。製品化したら良く見ないと分からないですね。

家具になる前の工程。これらの材料が各工場に渡ってさらに加工されていきます。多くの人と技術の結晶=家具と言えるでしょう。
そんな人たちの想いを皆様にお伝えできればと思っています。

当店では、家具以外にも木材加工品をお作りします。たとえば室内ドア、キッチンや収納の扉、巾木、窓枠やケーシングなど木材で出来るインテリアのパーツをご提案しています。木材の材質を何で作るか、そしてオイル、塗装、エイジングなどどのように仕上げるかなどリクエストに応じてご提案を致します。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg



駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休


by le-dauphin-inc | 2017-07-02 21:41 | オーダー家具