東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォーム「ルドファン」の砂村です。
前回のブログに引き続き、家具修理のご紹介です。
ソファとダイニングチェアの張替えをご依頼くださったお客様より、センターテーブルの修理についてご相談を頂戴いたしました。
ソファとダイニングチェア同様センターテーブルもドレクセルの商品でした。
30年以上も前からご愛用されていたテーブルの状態は、一見綺麗でしたが、過去のメンテナンスで厚くなった塗膜の奥に見える突板は細かいひび割れを起こしてしまっている状態でした。

d0099850_19474377.jpg
d0099850_20003164.jpg
塗膜をはがして塗り替えても突板のひびは改善されないことと、オリジナルをこれ以上酷くさせないために、お客様とご相談。
結果、脚部を残して天板を作り替えることにしました。
写真を見てもお分かりいただけるように、オリジナルは周囲はバーズアイメープル、中央部はマホガニー材を使っています。
先ずは突板探しから始めました。バーズアイとカバ材のコンビネーションで決定。
d0099850_19504610.jpg
d0099850_19503152.jpg
現物からオリジナルに忠実に天板の基盤を作り、丁寧に突板を貼っていきます。
d0099850_19513086.jpg
d0099850_19513836.jpg
工場内の塗装ブースで色付け~仕上げ。2枚の新旧の天板を並べ、しっかりと色合わせをします。同時に脚部も傷を補修して全体に軽く塗装を施しました。
d0099850_19522031.jpg
角度によって市松模様に見えるのは4枚の突板は同じ木からとったもの。左右上下対称に見せるためには2枚ずつ本を開いたように並べる必要があります。つまり、2枚ずつ面をひっくり返して並べることでオリジナルを再現しています。
木には表裏があるわけではないのですが、ひっくり返して使うと光の反射が変わって市松のように見えてしまいます。
木材の種類によって強く出たり出なかったりするのですが、オリジナルのマホガニー材よりは強く出ています。
d0099850_19525324.jpg
※色が冒頭のオリジナルと異なって見えますが、撮影した場所の照明の色によるものです。
d0099850_19531287.jpg
家具を永くお使い頂くうえで大切なことは、定期的なメンテナンスと適切なメンテナンス方法を施していくことにつきます。
大切な家具のメンテナンスはぜひ当店にお任せください。



ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg


駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2016-08-07 19:58 | メンテナンス(修理)