東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォームのルドファン砂村です。
当店では、イスの張替えや家具の修理などを承っています。カーテンのお店が家具?と思われる方もいらっしゃると思います。
祖父の代は家具の製造メーカー、父は家具の販売に携わっていたので、小さいころから家具に接してきたこともあり違和感なく家具に関わることができたのかもしれません。
また、身近に様々な職人さんたちがいたことと、弟が特注家具の製造の会社を営んでいることがルドファンがお客様のニーズに応えられる大きな理由です。
さらに、私たちはカーテンを世界中から輸入しているため、世界中の椅子やソファー向けの生地をたくさん持っています。
丁寧に張り替えてくれる職人さんが居ることで、私たちのファブリックも多くのお客様のニーズにお応えでき、活躍の場が広がっています。

前置きはそのくらいにして、今回はダイニングテーブルの塗り替えのご依頼です。
こちらの家具はアメリカの高級メーカー「ドレクセル」の製品です。作りも凝っていますが、天板が突板の為メンテナンスには熟練の技術が必要です。

<Before>
熱いものを置いたことで出来る白いシミが所々に。また、傷も浅いものから深いものまで見られる状態でした。
d0099850_19294899.jpg
▲輪ジミが付いてしまったテーブルトップ
d0099850_19304823.jpg
▲傷やシミのついたテーブルトップ

<After>
白濁した部分を削り、深い傷はパテで埋め、出来るだけ再生していきます。
下地の状態で状態を確認をして、塗装で仕上げます。外で写真を撮ったのでBeforeと色が違って見えますが同じ色で仕上がっています。
ものすごく綺麗になって復活です。

d0099850_19314193.jpg
▲傷の補修、塗り直したテーブルトップ

大切に使ってきた家具は、手を加えてあげることでいつまでも長くお使いいただけます。
昔は手に入った木材も、いまでは入手が困難で貴重な存在になってしまった木がたくさんあります。
新しい家具も魅力的ですが、処分しようと思っている家具も、もしかしたら貴重な木材で出来ているかもしれません。
貴重な資源を大切に使い続けるお手伝いもルドファンの重要な役割だと考えています。ご相談はお気軽にお問い合わせください。


ルドファンの施工例はこちらから

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg

駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休
by le-dauphin-inc | 2016-06-26 19:57 | メンテナンス(修理)
洗面化粧台のオーダーなら自由が丘のルドファンへ。

機能的な洗面化粧台は大手設備機器メーカーをはじめ、沢山の商品があります。
ところが、海外の雑誌に出てくるような意匠的な洗面化粧台となると既成品では対応できないものです。
ルドファンでは、オーナーの弟が北海道の旭川で特注家具の工場を営んでいる関係で、離れていても兄弟ならではの意思疎通ができるので様々な家具を作ることができます。
今回の洗面化粧台はお客様の好みをヒヤリングして形にしたものです。水栓器具と洗面ボウルは輸入品。天板は人工大理石のメーカーにオーダー。箱は弟の工場へ。設置はルドファンのリフォーム部隊にて納めてまいりました。

【既存洗面化粧台撤去】
  まず、既存の化粧台を撤去します。止水をして、照明用の配線を処理します。同時に壁紙や床の化粧直しをします。
d0099850_19303153.jpg
【配管処理】
  既存の配管の立ち上がりを調べておいたので、新しい箱に蓋を付けています。既存の配管の移動や、箱に穴を開けなくて済むように設計しています。その後洗面ボウルや水栓器具を設置していきます。
d0099850_19302279.jpg
【完成・扉内部】
  排水管や給水管が当たるので、内部の棚も後ろを事前に切り欠いています。
d0099850_19305996.jpg
【完成・天板】
  スキマにコーキングを施して水が廻らないようにします。
d0099850_19304248.jpg
d0099850_19301643.jpg
【完成・全体】
  イタリア製のミラー、ブラケットライトを設置して完成です。
d0099850_19311813.jpg

特注の場合、何回か打合せをして形状、サイズ、設備などを決定してゆきます。
時間はかかりますが、素適な空間に変身します。お気軽にご相談ください。

ルドファンの施工例はこちらから

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2016-06-05 19:34 | リフォーム
リフォームの事なら東京・自由が丘のルドファンへ

こんにちは。自由が丘カーテンのルドファンの砂村です。
カーテンの掛け替えに行くと窓枠が傷んでしまっていることがあります。原因は、日差しによる紫外線や結露などの水分により劣化したことによるものです。この現象は南や西側の窓に多く見られます。カーテンと窓とにはさまれ夏と冬との寒暖も直接受けてしまう場所ですから仕方がないとも言えます。
窓枠の仕上げは大きく分けて2通りあります。
①木製の枠にペンキで仕上げている。
②木製の枠に化粧シートで仕上げている。
①のメンテナンス方法は皆様ご存知の通りですが、②の場合どのようにしたら良いか悩んでいらっしゃる方が非常に多いのです。

シートとは分かり易く言えば「木目や石などの柄や多色の無地などをシール状にしたもの」です。
普段あちこちで目にしているはずです。たとえば、住宅のドア、エレベータの壁などなど。貼ってあるから気づかないだけで、あちこちで使われています。
私たち建築関連の人たちの中では「ダイノックシート」と呼んでいます。これはポストイットで有名な3Mの商品名です。
一番有名なので他メーカーの類似品も含めて総称で読んでいます。SONYのウォークマンみたいな位置付けです。
他メーカーはサンゲツの「リアテック」積水の「パロア」シーアイの「ベルビアン」などがあります。

【施工前】 経年劣化ですっかりシート材が硬化してしまい割れてしまっています。
d0099850_17414452.jpg
【施工中】 カッター等を使いはがれるところまで撤去します。
d0099850_17432030.jpg

【施工中】 パテを使用して貼りつける面を平滑にします。
d0099850_17425318.jpg
【施工後】 新しいシートを貼って出来上がり。

d0099850_17425700.jpg
こちらの窓枠で半日程度で完了します。カーテンの掛け替えと一緒に窓枠もきれいにしませんか。
ご相談から施工までお任せください。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2016-06-04 17:51 | リフォーム