東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

椅子の張替えBefore After

今回は、椅子の張替えのBefore Afterをご紹介します。
ここ最近、椅子の張替えのお問い合わせは多くなってきています。
思い入れのある椅子でしたら、ぜひ張替えをオススメいたします!

まずは、Beforeです。

d0099850_13575999.jpg


ドレッサーの椅子で、小さめの椅子です。
長年お使いとの事もあって、生地が傷み、座面のスポンジが大分へたっている状態でした。

座面の後ろ側です。

d0099850_1492042.jpg


裏地も破けてしまっていました。

Afterです。

d0099850_14122560.jpg


スポンジを入れ替え、以前と同じ仕様でマチを付けました。
座面がふっくらとし、掛け心地も良くなったとお客様に喜んで頂きました。

座面の後ろ側です。

d0099850_14153697.jpg


座面の裏もきれいになりました。

ルドファンでは、椅子の張替えや、ソファカバーの製作・張替えなども行っております。
カーテンや、クッションなどお部屋のインテリアに合わせたり、お好きな生地で張り替えて、オリジナルの椅子を楽しんでみてはいかがでしょうか。

お見積の際には、写真とサイズをお持ち頂ければ、大体の金額をお出しできます。
(お見積には2~3日でお出ししております。)
お気軽にお問い合わせ下さい。


東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2009-12-20 14:29 | 椅子の張替え
リビングにシルクのカーテンを納めました。
アイボリーの無地のシルクに 赤系のフサフサフリンジと 太めのコードテープを ダブルでつけました。
縫製工場には 一本の太いフリンジにみえるように 間を空けずに縫製してくださいとお願いしたんです。
シルクなので 遮光裏地を使用しており 程よいボリュームがでました。
お客様もダブルフリンジにしてよかった!と言ってくださり ご満足いただけました

d0099850_2024178.jpg
d0099850_2032936.jpg


東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2009-12-04 20:04 | シルクカーテン
長く愛用された椅子。張り地を替えるだけで大変身!
日本製の ゆったりとした座面の肘付椅子を イギリスの生地で 張り替えました。

椅子文化の歴史が浅いので 張替えながら長く使うという習慣が 根付きにくいのかもしれません。
でも この椅子のように お気に入りのファブリックを見つけて 張替えてみては
いかがですか?
張り地は イギリスのWILMANのカタログから 選んでいただきました。


d0099850_19522622.jpg
d0099850_195319.jpg
d0099850_19532475.jpg


東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2009-12-04 19:53 | 椅子の張替え
通常 プレーンシェードは 生地の下の部分に バーを入れます。
その重さで生地をピンと張らせて すっきりとした感じをだすのですが、
時に 無表情な雰囲気になってしまうことがあります。

ほんの少し デコラティブな表情を出したいときに お勧めなのが
バーを取ってしまうプレーンシェードです。
リングテープの位置や 真ん中に出来るスワッグのたるみ加減も 指示を出して
作ってもらいます。
お願いしている縫製工場の担当の方に相談しながら こうした方がきれいにいく、
とか、それは止めた方がいい、とか やり取りを重ねてきめていきます。

スタイルものは 生地の種類・特徴・スタイルなど さまざまな 要素が組み合わさって
完成されます。 

このお客様のプレーンシェードも リビングは ストレートなシェードだったので 
寝室は 少し雰囲気を変えましょうということで バー無しのサイドドロップ型に
なりました。

今回使用した生地は ドイツ インデス社の直輸入の生地に遮光裏地を重ねています。
おそろいで ベッドカバーもお作り頂きました。


d0099850_1940482.jpg


東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2009-12-04 19:41 | シェードスタイル
レストランのカーテンの施工例です。
東急 大井町線の尾山台駅を 環八のほうに向かっていくと 商店街があり
環八に出る少し手前に Lino Bambinoという イタリアンレストランがあります。
アンティークの家具に合うウインドートリートメントのご注文をいただきました。

d0099850_1854818.jpg


入口を入って進んでいくと イギリスのアンティークのテーブルセットが置かれている店内。
小さな窓には マクラメレースのギャザーカーテンとバルーンシェードの組み合わせです。
バルーンシェードの上部は 通常はギャザーテープ1段ですが アクセントになるように
2段のギャザーテープを使って ボリューム感を出しています。
スタイリングの時に 後ろからふくらみを持たせてもいいのですが、 今回はレストランなので お客様が椅子に座るときの邪魔にならないように まとめています。

d0099850_18563911.jpg


奥にもグリーンの壁紙に囲まれた部屋があって  その間仕切りに イギリス直輸入の
シノアベルベットのカーテンでスタイリング。
シノアベルベットは ドレープがとても美しく出るファブリックで ポールに通しただけで 表情が出ます!
その無造作な雰囲気を維持するために レールに当たる部分には 黒のマジックテープを
つけてもらい 簡単にずれないように 細工 がしてあります。
奥の明るめの生地は 国産のウォッシャブルの生地なので 汚れたら洗えるように 取り外しも簡単に出来るようになっています。
大きめのタッセルでアクセントをつけました。(ちなみにこのタッセルも イギリス直輸入です!)

d0099850_1975187.jpg


そして その奥には とっても 落ち着く空間があります。
大きな壁1面を使って デコレーションさせていただきました。

先程お話した直輸入のシノアベルベットと 国産の生地を裏表に使って  長い長い
スカーフバランスをまず作ります。両サイドにたれる部分を決めてから表を見せるスワッグとうらを見せるスワッグの顔を作っていきます。今回は お客様がお持ちのブレードを
アクセントに使いました。ほんの少し ゴールドの色味が入ると 華やかさがでますね。

お客様にバランスをみていただきながら スワッグの大きさを決めていきますが
生地の質感が違うので まとめるのが大変です。職人さんが持っている 結束バンドが
活躍しました。
施工時よりも 少し時間がたった方が 室内の湿気を吸うことにより 生地がなじんで 
きます。

これから 忘年会や クリスマスの季節です。
皆様のご来店をお待ちしているそうです! 是非 行って見てください!


Trattoria-Pizzeria Lino Bambino
リーノ・バンビーノ

Tel & Fax : 03-5707-6161

〒158-0082
東京都世田谷区等々力2-1-14

アクセス:東急大井町線 尾山台駅から徒歩2分

Lunch/ 11:30 - 15:00
     (L.O.14:00)
Dinner/ 18:00-23:00
     (L.O.22:00)

定休日/ 火曜日

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2009-12-04 19:13 | スタイルカーテン