東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:海外買付の旅( 13 )

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のカーテンとインテリアリフォーム専門店「ルドファン」の砂村です。
イギリスのロンドンにインテリア視察の旅に行ってきました。本当の目的はルドファンで最も長いスペインの仕入先への表敬訪問なのですが、バレンシアまで直行便がないため、トランジットでロンドンに寄ってしまおう!という駆け足の旅だったりしています。

海外旅行で意外と時間がとられるのが出国&入国にかかわるimmigration。審査を受ける人の数に応じて審査官を調整してくれると良いのに、2~3人でマイペースにやっているイメージではありませんか?
これに時間に取られてしまうと、長旅の疲れを増幅させてしまいますよね。
イギリスはEU離脱の関係でEU加盟国+αにしか認められていなかった自動化ゲート(e-gate)が日本人も使ってよい!となったのを知人から教えてもらいました。
全く聞いたこともなかったので、ググってみると「入出国の際に無人の自動ゲートの前に立つだけで審査が完了」というなんという朗報!ではありませんか。

行きは成田より近い羽田経由のため、早々と到着して自動化ゲートの登録コーナーへ。国際線出国ロビー階の端っこのほうに佇んでいます。
d0099850_16210006.jpg
▲羽田空港ポータルサイトから引用

朝早かったせいもあり登録する人がだれ~もいなかったので、指紋&顔写真登録を終えて10分もかからずに登録完了。(これが後になって効果を発揮します。)

今回利用するのはBRITISH AIRWAYS。
JALとのシェア便でした。いつかは乗りたいと思っていても勇気が出せないビジネス席を横目でみながら飛行機の最後尾の席へ。
最後尾を選んだのは後ろの人がいないので気がねなく席を倒せるという理由から。それにしても、なんであんなに狭いんでしょうね?身動きができません。
小柄な自分でも思うんだから、大柄の人はさぞ辛いと思ったりします。

約半日の荷物のになったような空の旅を終えロンドンへ。最後尾なので降りるのは最後になるわけです。入国審査のゲートに行くとすでにたくさんの人々が並んでいます。日本からの便なのでヨーロッパの人は少なく、自動化ゲートもガラガラ。e-gate初体験でちょっぴりドキドキしましたが、難なくクリア!あっという間。おすすめですよこれは!

ヒースロー空港からロンドン市内までは距離があるのと、市内は渋滞するので地下鉄を利用することにしました。
d0099850_17031280.jpg
ロンドンはゾーンごとに分かれていて料金が違う仕組みを採用しているため、いまいちよくわからず、間違えるとペナルティがあると事前情報で聞いていたので困ったなと思っていたのですが、ロンドンの地下鉄にもSUICAのようなカード決済が導入されていたので、適当に入金して気にすることなく移動ををすることが出来ました。

ロンドンの地下鉄って狭いですね。席は両サイドにあるのですが、通路に人が立つことはほぼできません。立って乗車する場合は扉のそばのわずかなスペースに自らの巨大な荷物とともに同化しなくてはなりません。驚いたのが、自分が乗車した車両で荷物を扉のそばに放置してご本人様は座席に座っている状態で、電車は動くのでキャスター付きの荷物は転がるわけです。動く荷物を支えていたのは縁もゆかりもない別の乗客で、お互いが笑顔で「ごめんね」「いいよ」みたいな会話をするわけです。
日本ではあまり見ることのできない、やり取りを見て、どこででも見知らぬ人と笑顔で会話を交わせるイギリス人に大変感銘を受けました。

ロンドンの食事はあまり期待できないという言い伝えにより初日の夕飯はインドカレー。ロンドン一おいしいというコメントを信じてGO!
d0099850_17024416.jpg

punjab
というお店でホテルから歩いて10分くらいのところにありました。
時間も早かったのですぐに案内をしてもらえたのですが、すぐさま満席になるほどの人気ぶり。
店1番のおすすめはチキンカリー。ナンがおすすめでしたが、ライスに興味がわきオーダー。
d0099850_17024694.jpg


d0099850_17024860.jpg
カリーはともかく、ライスは一般的なお米の形をしていませんでした。ざっくりいうと素麺を刻んだような形をしています。
水分はかなり少なめで、パサパサしていました。食べてはいませんが日本人にはナンのほうがおすすめのような気がします。
自分には日本にあるインド人ぽい人が開いているお店のほうがおいしいと感じました。その国々によって味付けを変えていくんでしょうね。
期待値が大きかったせいもあり自分にはちょっと物足りませんでした。ビールはおいしかった!

つづく。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますので事前にご予約下さい。
東京都目黒区自由が丘2-2-19     電話(03)5701-6321
電車・・・東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車中央口より 徒歩10分位
バス・・・東急バス 渋谷~田園調布 , 二子玉川~目黒 , 等々力操車場~目黒 八雲3丁目下車 徒歩0分


by le-dauphin-inc | 2019-08-11 17:34 | 海外買付の旅
こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォーム「ルドファン」の砂村です。
9/8(木)~10(土)の3日間で開催されたスペインの展示会「HOME TEXTILES PREMIUM」の旅行記です。

海外に行くとその土地の車に大変興味があり、珍しい車を見かけるのも楽しみの一つにしています。
日本ではなじみがありませんが、スペインにも自動車メーカーがあります。名前はセアト。
イタリアのアルファロメオのヒットメーカーデザイナーであるデ・シルバさんはセアトの出身として有名です。(今はVWに移籍)
主な代表作は147、156、166。一時は日本でもよく見かけた車です。166はあまりにも斬新すぎて15年たった今頃になって注目されている車だったりしています。
d0099850_20244160.jpg
右から147、スパイダー、156、164、2000GTV、166。どれも素敵。

さて本題。スペインでは大通り以外は道の量端にびっしりと路駐状態です。しかも前後の車の間隔は人がやっと通れるくらい。
入るときも出る時もドスドス当てながらミッションをコンプリートします。日本では到底考えられないですね。
d0099850_20283319.jpg
なのでバンパーはみんな傷だらけ。

私たちを空港に迎えに来てくれたのはヒュンダイ。韓国の車です。日本では一時正規輸入されていましたが、今はディーラーはありません。
スペインでは、VIP系の車は黒塗りのヒュンダイが走っていて、一見レクサスに見間違えてしまうほどよ~く出来ています。
d0099850_20363949.jpg
ハンドルのマーク見て下さい。似てると思いませんか?ミッションはマニュアルが圧倒的に多いです。
スペインでは白タクのような仕組みがあって、Uberってご存知の方も多いと思いますが、私は初めて知りました。
事前にアプリを登録しておくと、車を呼べる仕組みで、しかもチップ無しのクレジットカード払い。行き先も事前に知らせておくので車に乗った時にいちいち説明する必要がないのは外国人にとってとってもありがたい仕組みです。また、タクシーよりもいい車できれい&運転もジェントリー。
ヒュンダイに沢山お世話になりました。乗り心地もいいし良いかも。

タクシーで多いのがプリウス。タクシーの運転手さんは総じてスタートダッシュかけるのでハイブリッドの瞬発力と燃費?が両立されているところに評価されているのでしょうか?運転粗いですね。常に車線変更している感じです。

ホテルの周りをチェック。日産マーチ。こちらではマイクラという名称が付いています。この型は日本でも最近見かけなくなりましたね。こちらではまだまだ現役です。


d0099850_17051662.jpg
お次はシュコダ・オクタビア。チェコの車。(Facebookで教えてもらいました)
このエンブレムあちらこちらで見かけます。走っている率高い。
d0099850_17050827.jpg
これも日本製。ホンダシビック。EUバージョンだそうです。(これもFacebookで教えてもらいました)
d0099850_17172440.jpg
お次はセアト。スペイン製。Sociedad Española de Automóviles de Turismoの頭文字を取ったもの。(Wikipediaより)
今はドイツVWの傘下。これもあちこちで見かけます。それもそのはずスペインでは国産車ですから。
d0099850_17173542.jpg
イタリアの名車アルファロメオのフラッグシップの164。25年くらい前のアウトバーンでスピードを出している車と言えばこれでした。
もちろんマニュアルミッション(MT)。日本にはZF製のオートマチックを搭載された車種がメインで、MTはホットモデルQ4のみ輸入されていた記憶があります。
d0099850_17173080.jpg
スペイン人はアルファロメオが好きなのか?はたまた個人的な好み?これもアルファロメオ。現在も新車で購入できる車種「ジュリエッタ」
街並みに溶け込んでますね。ジュリエッタは1954年にアルファロメオが作った量産コンパクトカーで、それまでは高級車メーカーでした。
終戦後量産車メーカーに転身して作ったコンパクトカーなのですが、そのあとクーペタイプのジュリアが発売されそちらの方が人気が出てしまったために弟ジュリアに人気を取られてしまった姉のジュリエッタが嫉妬したとかいうお話もあるとかないとか。
これは25年ぶりに復活した第3世代のジュリエッタ。
                 
d0099850_17372345.jpg
観光用2階建てバスはベンツ。日本には乗用車のみ発売されていますが、EUではコンパクトカーからタクシー・バス・トラックまで幅広いラインアップを誇る自動車メーカーです。屋根がテント地になっていてこのように開放的なスタイルになります。
d0099850_17525624.jpg
さいごは中世の街並みが残るトレドでのワンカット。
d0099850_17573665.jpg
ルノー2台に1シリーズのBMW。似合ってます。本当に。ヨーロッパの街並みには少し控え気味なヨーロッパの車たちが一番マッチしていますね。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg



駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2016-09-24 18:02 | 海外買付の旅
こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォーム「ルドファン」の砂村です。
9/8(木)~10(土)の3日間で開催されたスペインの展示会「HOME TEXTILES PREMIUM」の旅行記です。

商談2日目の朝。昨日と同様にバスに乗り出発を待つことに。予想通り時間になってもバスは出ないどころか座席もまばら。
昨日はほぼ満席でしたが、1/3にも満たない集合率…。まさかこれほどの人数が居なくなってしまったのかと思っていたところ、出発時刻が過ぎたあたりから徐々に集まりはじめました。結局20分ほど遅れての出発。

残すところ16社。朝から精力的に廻って、休憩もなしで15時までに12社と商談終了。それでもすべてを回りきるのに19時近くまでかかりました。
初日から通算24社商談をしての感想は、
・起毛した生地にデジタルプリントを施したものを多くのメーカーで商品化していました。
プリンターを使い紙に印刷するがごとく専用の生地にプリントするので、メーカーごとに特徴を出して多くのデザインを見ることができました。
d0099850_13390863.jpg

・天然繊維の使用率が高い。ベースがポリエステルでもコットンやリネンと組み合わさっている生地をよく見かけました。
少し混ぜると風合いや生地そのもののタッチ感がものすごく良くなります。
d0099850_13420879.jpg

・ゴブラン織りの厚手でしっかりした生地が多い。近年生地が薄くなる傾向の中でしっかりした重量感のある生地はやはり良いですね。
こちらの生地はバッグ、クッション、椅子張りなどに使われます。
d0099850_13374845.jpg

スペインからのミッションは無事終了することができました。日本に帰国してからやり取りがしばらく続きますが、先ずは一安心。

続く。


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg



駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休


by le-dauphin-inc | 2016-09-23 13:50 | 海外買付の旅
こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォーム「ルドファン」の砂村です。
9/8(木)~10(土)の3日間で開催されたスペインの展示会「HOME TEXTILES PREMIUM」の旅行記です。
d0099850_12482832.jpg
スペインからアジェンダという名称で3日間の商談スケジュールが事前にメールで案内が届いていました。
1社45分商談をして10分間で移動を済ませの繰り返しで10時~18時までびっしりという内容。

3日間で24社との商談をしなければなりません。
自由時間は到着した夕方からと帰国日の午前中のみという状態。
このままでは大変なので、何とかならないものかと思案をしていました。

明日からの商談に備えて早めの睡眠と…。しかしながら飛行機の中で寝ていた為、夜中の1時半から全く眠れませんでした。

翌朝の会場までは専用のバスで8時45分出発!絶対遅れないでねという注意書きも。(実際は20分くらい遅れて出発)
なので、ほぼ眠れないまま少し前にはロビーで待機。
d0099850_18100085.jpg
滞在したのはNHホテル。ビジネスホテルのチェーン店のような存在で、市内のあちこちで見かけます。
d0099850_18101524.jpg
向こうの方に見える緑色のバスがそうです。ホテルの前だっていうから待っていたのに、と思ったら隣の建物もNHホテル。
2つ隣接しているなら事前に教えてくれればいいのにと思いつつ乗車。
d0099850_18162481.jpg
会場は、MADRID CHAMARTINという駅直結になっていて、ステーションホテルも隣接しています。
会場のレイアウト。色のついているところが展示場で2か所に分かれています。緑色がエディター、オレンジ色がホームユース、紫色がその他コントラクト向けなど。
d0099850_18245833.jpg
初日は、普段日本語以外を話すことのない者にとっては話すどころか聞き取ることもままならない状態。
完全に舞い上がって焦りから冷や汗が…。こんなこともあろうかと用意した携帯の翻訳ソフトもほとんど役に立たず、どうしたものかと焦りながら考えていたら、
「そうだ!商談やりとりシートin English」があったことを思い出し、先方に見せながらあれこれやりとりを進めることに。
実はこれ、以前英語ができる人にお願いをして作ってもらったシートで、聞き漏らすことの無いよう質問事項がずらりと書いてあります。

午前中はアジェンダの予定通りに商談は終了。
お昼を取りながら書類をまとめていたら舞い上がった気持ちも落ち着いてきました。
と同時に、何やら周りの人が話していることがなんとなく耳に入ってくる。さぼっていた英語用の脳みそが少し動きだしたみたいです。

となれば、午後は楽勝?でもないですがそこそこ商談になってきました。
自分たちの探している物を伝え、そのリクエストに基づいて商談相手がプレゼンをしてくる。しっかりと見極め必要なものをピックアップしていきます。終了時間の少し早く終えることができました。

実は今回この展示会に招待を受けたのは私だけではなく、日本企業4社、あと世界中からごっそり。すこし聞いただけでも南アフリカ、カナダ、オーストラリアなど世界中からバイヤーがお呼ばれしていました。

日本企業では、私以外は商社の方でそのうち一社は当社の仕入れ先会社の鈴木さんでしたので、期間中商談以外は行動を共にして頂き本当に助かりました。

というのもスペイン人はお話し好きなので、いつでもどこでも立ち話。なので、ましてお食事処はとても一人では入れない雰囲気なんです。毎晩食事を共にできる人がいるって安心感と旅をより楽しくさせてくれるので、とってもありがたい存在です。
しかも16才から8年間イギリスに留学していたので、英語はネイティブスピーカー。鈴木さんありがとうございました!
d0099850_11523847.jpg
夜は宿泊しているホテルの近所  Poncelet Cheese Bar Madrid にて。
チーズバーなので豊富なチーズとワインを。が売りなのですがディナータイム(PM8:30~)より2時間も早く入ってしまったので、つなぎでポテトチップスとビールで時を待っていたら、おなか一杯になってしまい終了と相成りました。

ご存知の方も多いと思いますが、スペインの食事には特徴があって、昼は2時過ぎ~。夜は8時半~。日本人にとっては待ちきれない時間帯ですね。なので、夜11時頃になるとお店がいっぱいになってしまいます。

続く


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg



駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休


by le-dauphin-inc | 2016-09-19 13:08 | 海外買付の旅
こんにちは。自由が丘オーダーカーテンとインテリアリフォーム「ルドファン」の砂村です。
9/8(木)~10(土)の3日間で開催されたスペインの展示会「HOME TEXTILES PREMIUM」に行ってまいりました。
d0099850_12482832.jpg
以前はTEXTILE HOGARという名称でドイツで開催されるハイムテキスタイルの期間に合わせる形でバレンシアの地で開催されていました。
現在は時期が合わないためにここ15年くらいは行ったことがありませんでした。

そんなことをスペイン政府が感じたかどうかは知りませんが、ある日スペイン大使館を通じて今回の展示会に招待したいというオファーが舞い込んできました。実はこのようなオファーは3回目で毎回欠かさずオファーを謹んでお受けしています。(過去2回は別のスタッフが参加)

ルドファンはヨーロッパの生地を直輸入するきっかけはスペインのメーカーが初めてで、その後他の国へ広げていったという経緯もあります。そのため、スペインメーカーとのお付き合いは結構長くて、時々海外で目が合ったりすると会釈したり、私たちのお店にも訪ねて来ることもあります。
そんなわけで、3度目のオファーは代表の砂村が参加させて頂くことに相成りました。

様々な案内はスペインの旅行エージェントからで、飛行機やホテルの手配などスケジュールもふくめて様々な案内が届きました。なんと見てびっくり・・・。ドバイ経由?
9/7夜中の0:30羽田発~早朝6:30ドバイ着~7:35ドバイ発~13:25マドリッド着 時差があるので分かりにくのですが、ドバイまで約11時間、マドリッドまで約8時間。なんだかんだで約1日移動に時間がかかってしまいそうな予感。
また、会場での商談は1時間刻みで朝から晩までぎっしりというスケジュールでした。不安要素もたくさんありつつその日を迎えることに。

初のエミレーツ航空。充実したエンターテイメントプログラムで快適な空の旅。といきたかったのですが、CAが魔法瓶に入ったコーヒーを目の前で開けたものだから、気圧の変化をもろに受けしぶきを浴びてしまうアクシデント発生。文句を言っても熱いお湯とタオルを渡されるだけ。当然落ちるわけもなくまだら模様のシャツを着たまま過ごすことになってしまい、ブルーな空の旅となってしまいました。

ちなみにトランジットで降りたドバイ(ドゥバイ?)は早朝を感じさせない活気のある雰囲気でした。
d0099850_18040467.jpg
d0099850_13125592.jpg
なぜかポルシェが。きっとこれがきっかけで購入する方いらっしゃるんでしょうね。
d0099850_18041286.jpg
乗り換えに1時間半しかなく、正味1時間程度しかないので広大な飛行場内を電車や巨大なエレベータを使って駆け足で移動。
搭乗口に着いた時にはすでに搭乗が始まっていました。
ほぼ24時間をかけての移動は結構しびれますね。

続く


ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
d0099850_2144139.jpg



駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますのでお気軽にご予約下さい。電話(03)5701-6321MAILでのお問合せ&ご予約はこちらから東京・自由が丘 輸入カーテン&リフォームのことならインテリアファクトリー ルドファン目黒区自由が丘2-2-19 毎週水曜日定休

by le-dauphin-inc | 2016-09-18 13:07 | 海外買付の旅
ドイツから無事戻って参りました。日本の方が寒い!のでびっくりです
ハイムテキスタイル展の様子は先日写真をUPしましたが、会場の入り口です
d0099850_1750457.jpg

参加している国の国旗が掲げられています。もちろん日本もあります
実はこちらから会場を見るのは何回も訪れています私でさえ数回程度なんです。
駅が反対側にあり、そちらからいつも出入りしていますので、こうして改めてみると大きい・・・
中も広くて移動するものはこれです
d0099850_17565232.jpg

写真の手前から奥までずっ~と続いています。
この広い会場をくまなく回って仕入れました生地は入荷次第ご報告いたします。

会場のお話はこの辺まで 
お次は、いつも乗り換えしています中央駅です イツ見てもいいですよね~
d0099850_1823958.jpg


でも中は、補強の意味もある鉄筋が上手く取り入れられて最初から計画的に建築した
ように見えます。
d0099850_18304767.jpg

d0099850_18371237.jpg


こういうのを見るとインテリアもいろいろと組み合わせが広がっていくのではと考えさせられます。
し、とても勉強になります。

電車の窓からいつもグリーンと素敵なお家が見えます

d0099850_18385131.jpg


街の中心は高い建物も多いですが、すこし離れるとこういうのどかな風景が見えます。
毎日、眺めていればストレスも軽減しますかね・・

最後に お馴染みのCurry wurst mit Pommes!
d0099850_1851084.jpg


ちなみにカレーソーセージ博物舘もあるそうです。ドイツへお出かけの際はどうぞ
http://www.currywurstmuseum.de/en/t


東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2011-01-25 18:56 | 海外買付の旅
天気は曇り。昨日までは雨。フランクフルトではこの時期雨は珍しく、昨年暮れまでに降り積もった雪が年明けの高い気温で一気に溶けてしまい川が氾濫している映像がニュースで放映されています。気温10度以上あり、ダウンジャケットを着ていると汗ばむほど暖かい日が続いています。
今日はルドファンの2011年度NEWコレクションを発注してきました。
これから続々と入荷しますので、随時ブログで紹介していきます。

会場を早めに後にし少し散策をしてきました。
d0099850_4565653.jpg

フランクフルト中央駅から2駅ほどいくと街の中心地になります。東京で言うと銀座のような位置づけでしょうか。2つのデパートをはじめいろいろなお店が軒を連ねています。
気温が高いこともありお店の外のベンチや広場でくつろいでいる人が多く見られました。
d0099850_511929.jpg

これはホテルの窓からの景色です。

最後に、各メーカーに「どこの国との取引が大きいですか?」と質問したところ、ヨーロッパ・アメリカはもちろんのこと、ロシア、中国、シンガポールなどのアジア諸国の名前が後に続き、日本のマーケットは少々との回答がほとんどでした。文化や生活様式が違うこともありますが、ちょっと悔しい思いもあります。
私たちインテリアに携わるものにとって「頑張らなくては」という思いをあらためて強く感じました。
明日は帰国の途につきます。日本に戻りましたら続きをご紹介します。

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2011-01-15 05:14 | 海外買付の旅
朝一番に昨日チェックしたブースに飛び込みました。昨日見て興味がわいたので来ましたと告げると喜んで迎えてくれました。こちらが指名した生地以外にもあれやこれやとお勧めしてくるのでカウンターの上が生地でいっぱいになってしまいました。
d0099850_3594169.jpg

この会社以外にもいくつか商談をしました。今年の傾向としては中国の経済成長による需要の増加や綿花の産地パキスタンの洪水による不作の影響で糸値が高騰し価格は上昇していますが円高差益もこれでいっきに帳消し。少し落ち着いてきているようですが自然災害とは怖いものです・・・。
商談も大切な仕事ですが、2011年のトレンドチェックも重要なのでトレンドブースに寄ってみました。
トレンドブースとは、国籍を問わず有能な人たちがトレンドセッターとなり状況を分析したりして今年はこれっ!ってコンセプトとカラーやテクスチャーなどを発表する特別コーナーのことをいいます。
私なりに感じたことは、地球規模でエコロジーを意識する現在、インテリアファブリックも自然素材をありのまま表現している点が印象的でした。
このトレンドについては詳しく分かりましたらまたご紹介します。
明日はまとめの一日となります。

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2011-01-14 04:15 | 海外買付の旅
日本とドイツは8時間の時差があるため、時差ぼけのままいざ出発。
電車を乗り継ぎメッセ会場へ。朝一番乗りのせいか空いています。
広すぎて全体をファインダー内に収めることはできません。この建物の中で展示会が開催されます。
d0099850_45737100.jpg

会場内は商品やディスプレイデザインのコピーをされないために撮影禁止となっています。会場外からみるとこんな感じです。
d0099850_514423.jpg
d0099850_521649.jpg

全体を歩いてみて感じたことは、無彩色が比較的多く、光沢感のある生地が多く見られました。
モダンなテイストが圧倒的で華やかさの中にも落ち着いた雰囲気でまとまっています。
時間とともに来場者が増えてくるため、急いで全体を一回り。といっても午前中いっぱい掛かりましたが・・・。
常にカーテンに触れているとはいえ、ヨーロッパの企業が出展するデザインは大胆かつ斬新。目が慣れるまで少々時間を要します。一回りするとさっきまで目に入ったものが本当に必要かどうかジャッジできるようになるので、あわてずにじっくりと見るようにしています。
中国の経済成長が著しいことは皆様もご存知のとおりですが、ハイムテキスタイル展も中国人バイヤーの数が多く見受けられました。
数年前と比較すると圧倒的に増えています。元気のある中国にヨーロッパの企業も積極的に説明されているのが印象的でした。
良いものをよりやすくご案内できるよう明日も頑張ってまいります。

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2011-01-13 05:22 | 海外買付の旅

ハイムテキスタイル2011

今日からテキスタイルの最大規模の展示商談会であるハイムテキスタイル展に行っています。
世界から3000社とも言われる企業が出展し世界中のバイヤーが集結する規模の大きな展示会です。
会場はドイツのメッセといわれる幕張メッセより大きな施設がありここで開催されます。車の展示会でフランクトショーが開催されることでも知られています。
さて、今日は日本からの移動日という事で11時間のフライトを経てドイツへ到着しました。
d0099850_12253450.jpg

日本上空です。空気が澄んでいるのできれいに撮れました。
d0099850_1227778.jpg

ロシア上空です。まさに氷の世界という感じです。

ドイツは、東京より暖かく到着時5度、明日の最高気温10度とのこと。
お客様に魅力のあるものをお求め易くを胸に刻み今年も行ってまいります。

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
by le-dauphin-inc | 2011-01-12 12:31 | 海外買付の旅