東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ルドファンの外観をリニューアルしました。

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のインポートカーテンと住宅リフォーム専門店「ルドファン」です。

2009年に自由が丘に移転した時に設置した看板をリニューアルいたしました。
当時はリーマンショック直後で、景気も良くなく日本から活気ながなくなってしまっていた時期に当たります。

移転にあたり、明るく目立つ看板にしようということで、蛍光灯を何十本も仕込んだ電飾看板でした。

d0099850_15045467.jpg
●移転当時からのルドファンの外観(日中)

d0099850_15354743.jpg
移転当時からのルドファンの外観(夜)

設置当初はコンビニのような明るさで、特に夜は赤が引き立って目立っていました。
看板設置の後、風雨にさらされ、建物全体の大規模修繕も相まって綺麗に保つのが難しくなってきたことで、思い切ってファサードをリニューアルすることにしました。

コンセプトは、「ヨーロッパの町並みに佇むインテリアショップ」。クラシック過ぎずモダン過ぎずをリクエストに加えて、古くからつきあいのある設計士にデザインを依頼しました。高級ハウスビルダーで設計をされていたときに知り合った方で、多くの設計デザイナーの中でも群を抜いて格好良い家を設計していました。
その後、鎌倉にて設計事務所を設立されたので、今回の依頼になりました。
HPはこちら→ desus建築設計事務所

計画に数ヶ月を要し、8月1日より着工しました。

先ずは、既存の看板を設置することから。解体を担当してくれたのは、車仲間でもある大森の氷澤さん。
車にはめっぽう強くて、若いときにバイクのエンジンをオーバーホールするほどの腕前とか。電気系に詳しくて時々相談にのってもらっています。
今年の夏は気温が高かっため、他の解体現場の進みも悪い中で私たちのために力を貸してくれました。

d0099850_15550494.jpg
翌日からの工事に備えて、足場を設置いたしました。設置してくれたのは平成4年にルドファンを開店した当初、地元のことがわからないときに色々アドバイスをしてくれた八雲の小杉さん。息子さんと2人で段取りよく組んで頂きました。

慣れ親しんだ看板がなくなるとなんとなくさみしいですね。

d0099850_15551558.jpg
●ルドファン外観リニューアル。木工事施工中。

木工事を担当してくれたのはルドファンも籍を置く「目黒区リフォーム協会」の仲間である大工の筒見さん。ご兄弟で組んでいらっしゃるので、息もピッタリ。

今年は台風を始め天候による延期を幾度となく余儀なくされました。

d0099850_16183943.jpg
木下地にケイカル板を貼っていきます。店全体に足場が組まれ、右側の窓もコンパネでふさがれてしまったので「営業中」の表示で「休んでいませんよ~」アピール。
d0099850_16185483.jpg
出窓の下枠が完成。何せ毎日TVで「命に係わる暑さ」を報道していたくらい”とにかく暑い”!
大工さんには、冷蔵庫で冷やしたお水を都度補給して頂いての作業となりました。

d0099850_16285641.jpg
塗装屋さんも大工さんと並行して作業に加わります。材料の継ぎ目をパテで埋めて、平滑になるように何度もペーパーで作業をしていきます。
今回塗装に携わって頂いた職人さんは、ビンテージ塗装など特殊塗装を得意としている方で、たとえばプラスチック製のちりとりをさびた鉄製の様に特殊メイクを施すことが出来る高い技術力を誇る塗装屋さんです。

d0099850_16355550.jpg
左側の壁に着手。

d0099850_16364002.jpg
ルドファンの新しい外観の全体像が見えてきました。

d0099850_16383234.jpg
立体感を出すために縦横に桟が設置されていきます。

d0099850_16411287.jpg
木工事が一段落したら、塗装作業に入ります。材料の継ぎ目を丁寧にパテで埋めて、ペーパーで平滑にしていきます。
今回の職人さんは、ダメージ塗装やアンティーク仕上げなど、特殊な塗装を得意としている方。
たとえばプラスチック製のちりとりをブリキ製の使い古した感じになるように特殊メイクを施すことが出来ます。
実物を見せて頂きましたが、本物のようにしか見えませんでした。

d0099850_17195136.jpg
●ルドファン外観、リニューアル中。
今回使った塗料は、つや消しのチャコールグレー。少しラメが入っていて奥行き感のある塗料です。


d0099850_17231246.jpg
●ルドファン外観、リニューアル中。
塗装すること3回。相手がケイカル板のため着色する回数が多くなります。全貌が見えてきました。

d0099850_17255015.jpg
●ルドファン外観、リニューアル中。

足場が取れ、久しぶりのすっきり感。Le dauphin の文字もついてお店らしくなりました。
ここでお盆休みに突入のため、いったん休工となりました。

d0099850_17284744.jpg
●ルドファン外観、リニューアル(ウッドデッキ編)
お盆明けは、ウッドデッキ。材料に選んだのは屋久島の地杉。1年をとして湿度の高い屋久島の杉は油分を多く含み、高い耐候性と耐久性をを持ち合わせた木材です。
南洋材にはない美しい木目が特徴です。事前にキシラデコールで防腐処理を施してからの施工です。

d0099850_17405277.jpg
●ルドファン外観、ウッドデッキ施工中。
ウッドデッキにしたのは、平らなスペースを多くしてベビーカーなど出入りのしやすい環境を整えることと、お店との一体感を出すため。

d0099850_17445116.jpg
●ルドファン外観完成
植栽も設えて完成しました。

d0099850_18010181.jpg
●ルドファンのロゴはアイアンの板をレーザーカット。

看板を替えて感じたことは、お店にも鮮度があるということ。毎日見ていると見慣れてしまっていました。
お店が綺麗になると、私たちの気持ちもピリッと引き締まりました、スタッフ一同気持ち新たにお客様のご期待に添えるよう頑張って参ります。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますので事前にご予約下さい。
東京都目黒区自由が丘2-2-19     電話(03)5701-6321
電車・・・東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車中央口より 徒歩10分位
バス・・・東急バス 渋谷~田園調布 , 二子玉川~目黒 , 等々力操車場~目黒 八雲3丁目下車 徒歩0分


by le-dauphin-inc | 2018-09-17 19:16 | お店からのご案内