東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ダブルシェードのサイズ直し

こんにちは。東京・目黒区自由が丘のカーテンとインテリアリフォーム専門店「ルドファン」の砂村です。
カーテンのスタイルには大きく分けて2つのスタイルがあります。

①カーテンレールから吊す水平方向に稼働するレギュラーカーテンスタイル。
②専用のメカにセットして垂直方向に稼働するシェードスタイル。

カーテンのサイズ直しの場合はミシンを使った作業で済むのですが、シェードのサイズ直しの場合はミシン作業に加えメカのカットと組み込みが必要になります。

今回持ち込まれたのは、ダブルシェードと言って厚地のカーテン(ドレープ)と薄手のカーテン(レース)が1台のメカにセットされているタイプのカーテンでした。
大型量販店で購入したがサイズが合わず、サイズ直しを掛け合ったものの対応してくれず作り直しのみの選択肢しかないと言われたので、私たちに相談を持ち込まれたものでした。

20センチの幅つめをすることになりました。
順序は次の通り。
①メカとカーテンを分離する。
②カーテンを両サイド10センチずつカット。
③メカを分解してパーツごとに20センチカット。
④カーテンとメカをセットして完了。

簡単に書いていますが、結構手間が掛かります。縫い上がったカーテンとセットするのに、サイズが大きかったため2人で作業に当たりました。

d0099850_19430875.jpg
▲縫製から上がってきたカーテンを幅つめをしたメカに組み付けていきます。(ダブルシェードサイズ直し)

d0099850_19433773.jpg
▲上げ下げ機構の裏方である、昇降コードを20センチ間隔に付いているリングに通していきます。(ダブルシェード寸法直し)
d0099850_19434701.jpg
▲昇降コードを全て通したら、カーテンの裾に付いているコードアジャスターに固定します。(シェード組立て)
d0099850_19435741.jpg
▲リングを通した昇降コードはライターでほつれ止めを処置します。
d0099850_19455685.jpg
▲ダブルシェードは1台のメカに2枚のカーテンがセットされるので、昇降コードの仕分けを間違えると正常に動かなくなるので慎重に作業を進めていきます。
d0099850_19460391.jpg
▲ダブルシェードを2人がかりで組み立てています。
d0099850_19460837.jpg
▲ダブルシェードのメカを裏から見たところ。昇降コードの横にある白い部品はスピードコントローラ(降下時のブレーキ)とクラッチ(昇降時のストッパー)
d0099850_19461243.jpg
▲ダブルシェード組立て

d0099850_19472255.jpg
▲ダブルシェードの修理の様子
d0099850_19472753.jpg
▲ダブルシェードの組立は地道な作業
d0099850_19473892.jpg
▲女性のスタッフが手に持っているのはウエイトバー
d0099850_19474246.jpg
▲ダブルシェードウエイトバーの組み込み
d0099850_19474792.jpg
d0099850_19475298.jpg
▲もちろんウエイトバーもカット済み。
d0099850_19475678.jpg
▲シェードのウエイトバーは生地に張りを与える役目と重りの役目と併せ持っています。
d0099850_15315062.jpg
▲カーテンの幅つめをすると洗濯ラベルも移設しないと無くなってしまいます。実は結構大事なポイントです。
d0099850_15322131.jpg
▲シェードをメカに組み付けるときは少し引っ張りながらセットします。
d0099850_15392978.jpg
▲厚地のカーテンがセット出来たらレースのカーテンをセッティングしていきます。
d0099850_15395957.jpg
▲ダブルシェードの組立ては時間が掛かります。
d0099850_15401548.jpg
▲シェードメカをカットすると昇降コードの位置が狂ってしまいます。カーテンに合わせて位置決めも重要なポイント。

d0099850_15494358.jpg

d0099850_15504684.jpg
▲シェードカーテンにウエイトバーをセットする前
d0099850_15511611.jpg
▲シェードカーテンにウエイトバーをセット

d0099850_15595758.jpg
▲ダブルシェードの完成間近
d0099850_16005821.jpg

d0099850_16013040.jpg
▲シェードメカのドラム(コードを巻き付けるパーツ)の位置決め

d0099850_16055905.jpg
d0099850_16064408.jpg
▲リングテープに昇降コードを通していきます。
d0099850_16094947.jpg
d0099850_16103339.jpg
d0099850_16120255.jpg

d0099850_16125657.jpg

d0099850_16195835.jpg

d0099850_16205000.jpg

d0099850_16222632.jpg

d0099850_16275539.jpg
▲ダブルシェードの修理風景
d0099850_16275671.jpg
▲ダブルシェードの修理風景
d0099850_16275799.jpg
▲ダブルシェードの修理風景
d0099850_16275867.jpg

d0099850_16275884.jpg


d0099850_16285217.jpg
▲ダブルシェードのレース生地をセット作業風景
d0099850_16285313.jpg


d0099850_16285428.jpg


d0099850_16285455.jpg

d0099850_16285578.jpg


d0099850_16302177.jpg
▲ダブルシェードのレース生地にウエイトバーをセット
d0099850_16302389.jpg


d0099850_16302486.jpg


d0099850_16355633.jpg


d0099850_16355721.jpg
▲ダブルシェードが組み上がりました。
d0099850_16355838.jpg


d0099850_16355948.jpg
▲実際に吊して並行に昇降するように昇降コードを調整して完成。
d0099850_16355916.jpg


d0099850_16373092.jpg
▲ダブルシェードは部品点数も多く組上げるのに1時間ほど掛かりました。
d0099850_16373116.jpg


d0099850_16373342.jpg


d0099850_16380723.jpg
▲カットしたカーテンとダブルシェードメカの部品
d0099850_16384672.jpg


d0099850_16384848.jpg
▲ダブルシェードの梱包作業
d0099850_16384976.jpg
                             ▲念のため寸法のチェック

ダブルシェードのサイズ直しのことなら、東京目黒区のカーテンのルドファンにお任せください。他店購入でもお気軽にお問い合わせください。
サイズ直しのおついでにカーテンクリーニング専門業者によるクリーニングも承ります。合わせてご利用ください。

ランキングに参加しています。応援クリックお願いします。
にほんブログ村お店はこちらです。
東京自由が丘のカーテン専門店 ルドファン
d0099850_2144139.jpg
駐車場ご用意しておりますが、台数に限りがございますので事前にご予約下さい。
東京都目黒区自由が丘2-2-19     電話(03)5701-6321
電車・・・東急東横線・大井町線 自由が丘駅下車中央口より 徒歩10分位
バス・・・東急バス 渋谷~田園調布 , 二子玉川~目黒 , 等々力操車場~目黒 八雲3丁目下車 徒歩0分


by le-dauphin-inc | 2018-06-11 18:41 | シェードスタイル