東京 目黒 自由が丘にあるカーテン・家具・リフォームのお店の紹介です。


by le-dauphin-inc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ロールスクリーンとの併用 カーテン


お客さまは、高さが3m60cmある窓に裏地付きのカーテンと、レースのプレーンシェードをお使いでした。高窓には レースはありません。
夜になると ソファから月が眺められるそうです。
お家の隅々まで本当に手が行き届いて 居心地の良い空間です。

ですが、

とにかく 暑い!!そうです。
冬でも日焼けしそうなくらい・・・・

厚地のカーテンを引こうと思っても 重いので動かしにくい。
リングランナーも2~3個壊れてしまっている。
カーテンのクリーニングも考えている。



そこで、ご提案です。

厚地のカーテンはそのままで 窓枠の中にロールスクリーンをいれます。
そのときに ロールスクリーンの生地の落ちる位置を通常と逆にする(生地が手前のほうに落ちます)逆巻スタイルで納めると
窓のハンドルを避けられるので いい感じです。
普段、ロールスクリーンは巻き上げておき、 日差しの強いときにおろします。



ロールスクリーンとの併用 カーテン_d0099850_12113615.jpg


レースはプレーンシェードからセンタークロスのカーテンに変えました。
高さも十分にあり、ヒダも2.5倍とっているので 豪華な感じになります。
お部屋を暗くせず、雰囲気も出ました。



ロールスクリーンとの併用 カーテン_d0099850_12121073.jpg




何日かして伺ったときにお話して下ったのですが、厚手のカーテンはよほど寒い時以外は動かさないでいらっしゃるそうです。

ロールスクリーンが縁の下の力持ちの役目をしてくれました。



その後、

ペルシャ絨毯のクリーニングのご依頼があり、お預かりしました。
ウールとシルクでは クリーニングのやり方も違います。シャギータイプの絨毯とペルシャ絨毯とでも やり方が違います。  専門の業者に依頼するのが一番です。
写真は クリーニングが終わって 滑り止めを強いているところです。
床暖房にも対応し あとが残らない優れものの滑り止めです。


ロールスクリーンとの併用 カーテン_d0099850_15442395.jpg



ロールスクリーンとの併用 カーテン_d0099850_15445177.jpg



ルドファンでは カーテンのクリーニング、絨毯のクリーニングも承っております。
年末の寒い時期よりも 気候のよい今ぐらいがいいですよ。


どうぞ お気軽にお問い合わせ下さい。

東京都目黒区自由が丘2-2-19
インテリアファクトリールドファン
03-5701-6321
http://www.ledauphin.net
curtain155@le-dauphin.net
トラックバックURL : https://ledauphin.exblog.jp/tb/11110115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by le-dauphin-inc | 2010-05-14 15:47 | ブラインド・ロールスクリーン | Trackback | Comments(0)